brew upgradeでgcc7.1.0のコンパイルがいつまで経っても終わらない

おかしいなと思っていたんだ。gccのコンパイル中にCPUファンがずっと静かなんて。

以下の内容は簡単に言えばカスペルスキーのアンチウイルスソフトが原因かもしれないという話です。

題にあるようにbrew upgradeでgccがアップデートされるときに暫く待っても全く終わる気配がなく、悩んでいました。Ctrl-Cしてまた後日やるということを何回か繰り返した今日、どの処理が重いのだろうと思ってアクティビティモニタを見てみました。そしたらCPU使用率100%を占めていたのは”kav”じゃないですか!!”kav”はカスペルスキーのアンチウイルスソフトのプロセスです。そこでカスペルスキーの保護を一時的にやめてみたら上手く動くようになりました。

もしかしたら最近Sierraにしたのが原因なのかもしれないと思っていたのですが、そうでなくてよかったです。(良くはないが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です